外壁塗装のコラム >> 外壁塗料の種類について

外壁塗料の種類について

外壁塗装に使われる塗料の種類はさまざまです。塗料の種類は、遮熱、断熱、防水といった塗装の種類によってそれぞれ適した機能性を持つものが用いられます。屋根や外壁などに塗装すると太陽光を反射して熱の吸収を抑制するとして建物の温度上昇を防ぐ遮熱塗装が人気になってきています。遮熱塗料は通常の塗料と異なる機能的な塗料です。遮熱塗料も使われている材料によってさまざまなものがあります。それによってコストや耐久性などが異なるので選ぶ際には予算や用途のバランスを考慮して住居に最も合った塗料を選ぶのが良いとされます。

種類別解説

最も安価なのはアクリル塗料です。こまめに塗り直す場合に適しています。ウレタン塗料はアクリル塗料より耐久性のある遮熱塗料です。ウレタン樹脂塗装はコストと耐久性のバランスがよく気軽に選びやすいのがメリットです。シリコン塗料はアクリルやウレタンより耐久性がよく高級感があります。その分高価になります。フッ素樹脂塗料は高級で耐久性に優れている遮熱塗料です。フッ素樹脂塗装をすると見た目も非常に良くなるメリットがありますがその分高価にもなります。アクリル樹脂塗料は耐久性が高く美しい仕上がりがメリットです。塗料には水性塗料と油性塗料があります。水性は塗りやすさ、油性は乾くのが早いというメリットがあります。遮熱塗料を選ぶ際には業者に相談してアドバイスを受けてください。