外壁塗装のコラム >> 防水塗装の基礎知識

防水塗装の基礎知識

建物の防水塗装というのは、建物に水分が入り込むのを防ぐために塗装をする工事になります。また、建物というのは紫外線や風雨などにさらされて劣化しやすく、屋根や外壁にはひびや塗装のめくれが生じやすいため修復として防水工事が行われることもあります。主に屋根防水塗装、外壁防水塗装などで塗装をリフォームする工事があります。

防水塗装の種類

防水塗装には種類がいくつかあり、塗装で防水効果を得るためには通常の塗料ではなく防水機能のある防水塗料が用いられます。屋根の防水工事には塗料によるリフォームのほか屋根に防水シートを貼る方法もとられます。塗装のメリットは細かい作業ができる点です。防水シートのメリットは簡単で短期間に作業ができ管理が簡単な点です。frpの塗装は住宅、医療、自動車やバイクなどに幅広く使われています。frpの特徴は強度の強いプラスチックの繊維と樹脂でできている素材という点で、耐久性があるのにとても軽い点がメリットです。断熱効果もあるので住宅の塗装にも適しています。防水塗装を行うタイミングとしては、屋根や外壁にひび割れ、反り返り、水漏れ、コケやカビの発生、水たまりの発生などが生じている状態がのぞましいです。このような状態を放置しておくのは建物を保護できないので良いことではありません。防水屋根リフォームに関しては業者に相談をしてみてください。