外壁塗装はなぜ必要?

一般的に日本の住宅の耐用年数は約30年と言われていますが、一方で外壁用の塗装の耐用年数はどうかと言うと、こちらは7~10年となっています。新しく開発された塗料の中には約12~15年耐用するものもありますが、それでも建物自体の耐用年数とは異なります。

そのため、建物自体がまだ寿命を迎えていなかったとしても、外壁の塗り替えは必要不可欠なのです。もし塗り替えをせずに放置していた場合、建物の耐用年数に達しない早い段階で腐食や劣化が進み、何らかの問題が生じてくるおそれがあります。

そろそろ外壁が傷んできたなと感じたら、早めの塗り替えをお勧めいたします。

このような現象が起きたらそろそろ塗り替えを

変色やはがれ、雨漏り、カビなど外壁や屋上・屋根などに気になる現象が起きたら、そろそろ塗装をし直す必要があります。以下のチェック項目に一つでも当てはまる項目があれば、早めにご相談ください。