サンプルでイメージする外壁塗装の仕上がり

外壁塗装をお願いするとき、頭を悩ますのが色の選択。通常は、色見本帳というカタログの中の小さなサンプルを見てカラーを選択することになります。しかし、塗装後に「派手になってしまった」「暗かった」「薄かった」など、仕上がり予想のイメージと違っていたと感じる方は意外と多いものです。

注意していただきたいのは、「サンプルと実物ではイメージが変わる」ということです。そのため、あらかじめどのような色味の変化が起きるかを踏まえたうえでカラー選択することが大切です。

【外壁塗装のカラー選択の際に知っておくべきこと】

  • 小さな面積より大きな面積のほうが、明るい色はより明るく感じ、暗い色はより暗く感じる(面積効果)。
  • カラーサンプルは、できるだけ屋外で確認すること。また、希望の色よりややトーンを下げたほうが実際の仕上がりイメージに近くなる。

汚れの目立たないカラー

汚れを目立ちにくくするためには汚染性の低い塗料を選ぶのが無難ですが、ベージュ・グレー系の色を外壁・屋根などに用いることで、万が一汚れが付いても汚れ自体が目立ちにくくなります。好みは個人によってそれぞれあるとは思いますが、汚れで建物のイメージを壊したくないとお考えの方にはこれらのカラーをお勧めいたします。

色あせしにくいカラー

塗料は時間の経過と共に、酸性雨・チリ・ホコリなどの影響を受けて酸化し、色あせを起こします。また、太陽光の紫外線によって化学反応を起こすので、これによっても色があせてきます。塗装直後の色をできるだけ長く保つためには、原色に近いカラーを選ぶのは避けたほうが無難です。

明度によって汚れの見え方が変わる

明るい色はどうしても、コケ・カビ・雨染みなどが目立ちやすくなってしまいます。これらを目立たせないようにするには、明度や彩度を落とした、落ち着いた印象の色にするとよいでしょう。具体的にはベージュ系・グレー系がお勧めです。