ひとと環境に配慮した安心・安全の塗料

病院や学校などでも採用

塗装に用いられる塗料には、ホルムアルデヒド・トルエン・キシレンなどの揮発性有機化合物(VOC)が含まれており、シックハウス症候群やアレルギーの原因になると言われています。そのため、健康に影響があるとされる室内VOC濃度は、国やその他団体によって基準が設けられており規制されています。

当社が扱う塗料は「F☆☆☆☆(フォースター)」と呼ばれるものであり、これはホルムアルデヒドの放散がもっとも低いとされています。当社で扱う同じ塗料は、実際に学校や病院などにおいても多く採用されており、その安全性の高さを知ることができます。

安心の水性ソフトサーフSG

塗膜表面の細かいヒビ・巣穴などをカバーすることが可能です。外壁などの下塗りや下地調整に多く用いられ、防水性を発揮。完全に無臭ではありませんが、低臭気で匂いはほとんど気にならないレベルです。

安全設計、水性セラミシリコン

耐久性・防カビ性・防藻性に優れ、汚染性も低く、外壁塗装の仕上げ塗料として多く用いられています。水性であることから、溶剤中毒や火災の心配がなく、作業する側にとっても安全です。粉塵や大気ガスを寄せ付けず、生物汚染も防ぐので衛生的かつ長期的に建物を保護できます。